メキシコ中央高原の谷間にある都市グアナファト 「王冠の中の宝石」と称えられるほど美しく繁栄したメキシコの古都・グアナファト。もともとは岩山だらけの荒地だったグアナファト。しかし16世紀にスペインがメキシコを征服し、銀の鉱脈を発見するや、たちまち空前のシルバーラッシュがおこり、巨万の富によって「世界で最も裕福な街」と言われるまでになりました。

私が今世界で一番好きだといえる街へまた来てしまった、というよりまた来れた。(喜)
「路地裏でタコスを食らう旅」も3度目となりますが、事前のリクエストではカンクンやらオアハカやらチワワ鉄道やら皆勝手なことを言いますが、私の独断と偏見でこの街を無理やりルートに組み込んでいますが、皆喜んでくれています。 喜ばないはずが無いと言える程自信があるからです!(いやホントに)

美しすぎるカンテラの灯り (ホントにキレイなんです夜の街のカンテラ灯)
c0139777_179511.jpg

LEGOか?これが、グアナファトの真骨頂 黄色!緑!赤!青!黄色!緑!赤!青!・・・
c0139777_17114866.jpg

[PR]
# by tequilacho | 2008-04-23 17:12

死後の世界

本日、広島で一人の元少年が死刑判決を受けた「光市母子殺害事件」 
元少年は死刑を免れる為、供述をひるがえし、原告の本村さんは「死」へは「死」をもっての償いを求め・・・ これはやはり日本人の私達はもちろんのこと、全世界の人々が「死」というものへ特別な感情を持ち、そして命を尊いものと考えるからの事である。 死刑とは「死」をもって「生」終らせるまさに字のごとく極刑である。 

そして、今日考えてみたいのは「死後の世界」である。 本村さんは元少年は地獄へ行くことを望み、妻と娘は天国で安らかに暮らしていることを望んでいるのでしょう。
日本の道徳教育の中では「死」の後は「星」となり・・・ キリストの世界では「罪償いの為この世に堕ち…」等と世界中でそれぞれの歴史的文化的背景に即し「死」「生」への思いがある。

さて、本題「メキシコ」 彼らの死後の感覚は以下の写真に表れていんじゃないでしょうか。

マリリンモンローの骸骨 ビートルズの骸骨
c0139777_1863735.jpg

コックの骸骨  プロレスラーの骸骨
c0139777_1884813.jpg

ロックンローラーの骸骨 頭蓋骨たたき売りの骸骨
c0139777_189520.jpg


メキシコでは死後の世界も「楽しいかも?」と思わせるとこがやっぱりスゴイ! かも?


専門的に論文を読みたい方はメキシコ死生観 佐原みどり著をどうぞ
[PR]
# by tequilacho | 2008-04-22 18:40 | 日記

第18話メキシコ Sushi

グアダラハラの街を見渡すと10年前に比べ、「Sushi Bar」が多くなったような気がする。
そんな事を考えている今も「Sushi TOKAI」発見!微妙な所を付いて来たネーミングで笑える
東海寿司って?なに? 江戸とか東京の方が…そう思うのは日本人だからか?

メキシコ グアダラハラ編で何度も登場している(仮名)川名ネーさんの説明によると、
最近は全くワケのワカラない寿司バーがジャンジャン出来ているそうな。 
一例を挙げてくれたのが「マンゴロール」なるものも最近あるそうで、しかも、それを食べて
「美味ッーイ」っていう日本人もいたというから、ビックリクリクリクリックリです。 
その人の舌はタコスを食べ過ぎて腐ったのだろうと思っていた矢先、川名ネーさんは「そやそや、その人大分の人やったわ。ワッハッハッ…(笑)」と付け加えてくれた。

オイ!その人 関さば関あじを思い出せー!寿司とはそんなもんじゃないだろー!

↓は世界中にはびこる偽Sushiの数々(ネットで見つけたものでメキシコではアリマセン)
クリームチーズソースの寿司
c0139777_176148.jpg

チョコレートソースの寿司
c0139777_1764068.jpg

揚げ寿司
c0139777_17111614.jpg

デコレーション寿司1
c0139777_179168.jpg

デコレーション寿司2  もう何でもアリですか?
c0139777_1710890.jpg


グアダラハラ最終日の夕食は「Sushi &Beer TOYO」に川名夫妻が私達を御招待してくれました本当に有難うございました。  ただ ↑のような寿司が出て来ませんように祈る…
[PR]
# by tequilacho | 2008-04-20 17:12 | メキシコ
こんなニュースが飛び込んできました。 

 激辛唐辛子“ハバネロ”の約2倍の辛さを誇り、07年2月から、それに替わって“辛さ”のギネス記録を持つ唐辛子“ブート・ジョロキア”のギネス認定式が17日(木)、都内にあるギネス世界記録博物館で行われた。認定式にはブート・ジョロキアのギネス申請者、ポール・ボスランド氏(米・ニューメキシコ州立大学名誉教授)が出席。ポール氏は「(ジョロキアは)顔につけただけでもヒリヒリすると思います」とその辛さを表現し、得意げな表情を浮かべていた

また、怖いもの知らずの強兵がうちで撃沈するでしょう。 すぐに仕入れます!ヒッヒッヒッ
c0139777_170516.jpg

c0139777_1721265.jpg

[PR]
# by tequilacho | 2008-04-18 17:07
c0139777_13561020.jpg

今年から企画しております、「テキラッチョホワイトプラン2008」 テキーラキープ10本毎にサイコロを振っていただき、出た目により値がお安くなるというサービスですが、3月1日に第1号が出て以来の2番あがりの方がでました。

 この彼、5年くらい前に知り合ったのですが当時まったくテキーラを飲めない人(飲まない人)でした。ほとんどビール、ビールしか飲んだところを見たことが無かったのですが、一年半程前でしょうか、いつの間にかテキーラを口にするようになり、初めは水割りで、それもテキーラ1水9のようなところからスタートしていたのですが、それが2:8になり3:7になり…いまではロックでグビグビテキーラをあおって飲んでいます。 「最近の若者は酒も飲めん!」と方々で先輩方の声が聞こえてくる中、彼は頑張ってますよー 先輩方!
そして、出た目は<2>2500円なりです。ちなみに彼の愛飲テキーラは(Ole)という奴です。
[PR]
# by tequilacho | 2008-04-18 14:08

飲酒運転

c0139777_2132185.jpg

ここ数年、日本国内はもちろんの事、世界各国で飲酒運転に対する罰則強化と違反者に対する見せしめにも近い報道がある中、この月曜日に山崎拓氏の私設秘書を務める花田氏(28)の追突事故、そして同日 大分県中学校教員の射場氏(38)の追突事故,この九州管内の2件の飲酒運転報道がTVで流れた時、「あ~あ~また予約が減っちゃうよ」であった。事実この週末ある教職の方から20人のご予約を頂いていたが、本日全くの予想通りキャンセルの電話を先程頂いた。 その方には「ゴメンナ~例の事で、教育委員会から全教職員に通達がでたんよ~…」 
その通りでしょう。たった一人の(見付らなければイイだろう)的行動により、日本全国の飲食店の予約キャンセルやどこかのホテルでの決起集会等のキャンセル等等を考えると、もの凄い額の経済的損失が生じたのである。 誰に文句を云うわけでもないし、この花田氏、射場氏を捕まえて文句を云っても仕方が無いことであるが、やるせない気持ちである、怒りよりも前に呆れる。 
いっときますけどあなた方の事件はマスコミの格好の的なのですよ。
どこかの酒場のマスターが飲酒事故起こして扱われる記事の大きさとは違うのです。 
[PR]
# by tequilacho | 2008-04-17 17:03 | 日記
残念ながら工場内撮影禁止だった為、内部の写真をUPすることが出来ずに申し訳ないです。

工場見学が終わるとそこには「マルガリータバー」というのがありこんなオジさんが旨そうな
フローズンマルガリータを無料で提供してくれます。
c0139777_13372812.jpg

えらく旨いので、どうにかならないものかと探りをいれてみると、ここのマルガリータミックスというリキュールはアメリカへの輸出用に作られていて、メキシコ国内でもなかなか手に入らない品物のようです。 (もちろんこの工場内では購入可能なので1本だけ手に入れましたけど、何かの機会に開栓したいと思います。 ホント旨いですよこれ)
c0139777_133839.jpg

おかわりしすぎて、最後にはカキ氷食べ過ぎたみたいに頭キンキンしてきました・・・
[PR]
# by tequilacho | 2008-04-14 13:49
c0139777_22235488.jpg

到着したのは ホセ クエルボ テキーラ工場 そして、巨大カラスが玄関口でお出迎えしてくれました。 なぜカラスかって? それはクエルボとはスペイン語でカラスの意味なのです。
このクエルボ社1795年創業メキシコでは1、2を争う巨大メーカーです。今度どこぞのバーに飲みに行かれた際にはそのバーの酒棚を見てみて下さい。結構な確率でこのメーカーのテキーラにあえると思いますよ。 
[PR]
# by tequilacho | 2008-04-13 22:28 | メキシコ
いんちきテキーラを2本脇に抱え次に連れて行かれたところはテキーラ畑
なかなかのナイスビューです。

一面に拡がるテキーラ畑
c0139777_15154735.jpg

ヒマドール(竜舌蘭の葉を落とす作業をする人) セニョール マリオさん
c0139777_15141956.jpg

ピニャ (テキーラを作る前段階 この形で工場の蒸し器に入れられます)
c0139777_1521699.jpg


8年前このツアーに参加した時には出来なかった、このコア(葉を落とすナタ)を持って葉の切り落とし作業、このヒマドール体験を今回はしっかりとやらせて頂きました。 メキシコでは3Kと呼ばれるこの仕事はまさに重労働そのものでした・・・  あ~早くテキーラ飲みて~
[PR]
# by tequilacho | 2008-04-12 15:30 | メキシコ
c0139777_14574614.jpg

皆さんも経験があると思いますが、何かしらのツアーに参加すると必ずツアコンの誘導で何処かしらのお土産屋さんへと連れて行かれます。韓国にツアーで行けば、ホテルまでの道中キムチ屋さんへ連れて行かれ、イタリアにツアーで行けばプラダにショップに降ろされ etc のようにです。 

今回、私達も御多聞にもれることもなく、しっかりと良くワカラナ~イお土産屋?で降ろされました。 「100%AGAVE Tres Mujeres」 この酒造メーカーは確かに存在する。超一流のメーカーである。しかし、ここはどう見てもそれのOfficialShopには見えんだろー(怒)
でもカワイイじゃないかこの店(笑) おいさんが勝手にペンキで描いたとしか見えない 
「TEQUILA Tres Mujeres」 の文字

旅というのは時として人の心や理性を無力にする時がある。ツアコンの「ここでしか買えないテキーラがありますよ、兄さん」の一言でつまらないテキーラを2本も買ってしまった・・・(反省)
[PR]
# by tequilacho | 2008-04-11 15:13