<   2008年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

いいはなシーサー

先にご紹介した、私のメキシコ人アミーゴのゴリちゃんの奥さんYちゃんのお話。
容姿は上沼恵美子さんのようであるが、
c0139777_1545836.jpg

中身はエドはるみ位勢いのある女性です。
c0139777_1552910.jpg

そんな彼女が書いてたお話がとってもよかったので皆様にも読んでほしくて。

大阪発メキシコ行き3月28日思い出づくりより
日本人に生まれてよかったなーっと思うことのひとつが季節を楽しむという感覚です。
残念ながらメキシコにはこれほど四季がちゃんと分かれてなくて、場所によって気候が違うので楽しむという感覚は薄いんじゃないかな?グアナフアト(メキシコの古都)は、花こそ咲き乱れませんがうっすらと四季があります。大半は暑いですが。 春にはさくらんぼの木が可愛い花を咲かせます。秋には、木は枯れ果ててます。

そんなメキシコで、私が出会ったイギリス人の男の人の話です。
メキシコの学校に通っているとき、授業が終わり次の授業を待つ間、
生徒は中庭(パティオ)に集まりそれぞれの国の言葉で話しています。
そこに、2羽の小鳥たちが飛んできて楽しそうに鳴き始めました。
するとそのイギリス人の人は、みんなの会話を制止し、小鳥たちの歌声を聴きながら
小さく指を立て、指揮を始めました。それは、まるでクラッシック音楽でも聴いているかのように。
小鳥たちが歌い終わりまたどこかに飛んで行くと、
彼は‘ブラボー!!’といって拍手をしました。
そこにいたみんなが小鳥たちの歌声に拍手をし、ニコニコしている顔。
その顔を見て、彼の感性に感激した私。
小さなことだけど、こんな風に色々な事に目を向けられるって言う心の余裕を、
私も持ちたいなと思いました。
子供ができてから私は、花を見たら立ち止まり、花の香りを嗅いだり、眺めたりしています。
うちの子たちに自然がどれほど素敵で、未知な物か。
そして、それを素敵だと思える感性を身につけてほしいと思いながら。


ねっ、いいはなシーサーでしょ。
[PR]
by tequilacho | 2008-03-29 15:10 | 日記
トラケパケという街のマリアッチ広場
c0139777_1602090.jpg

 メキシコの代表的音楽マリアッチはこの街で生まれた。結婚式のために急遽編成された10人ほどの楽団の陽気な音楽が始まりだといわれている。マリアッチ広場ではこの楽しげな音楽が響き。周囲はレストランが取り囲んでいるので、食事を取りながら楽しむ。音楽をリクエストすれば、楽団がテーブルを囲みマリアッチを歌ってくれる。(↑のように)

相場で1曲1000円程度から上は切がない。1000円を10人で割れば一人あたり100円の収入かと考えればあんまり値切るのもどうかと思い、それを思うと切なくなり、いつの日からか曲を頼むのをやめた。 しかし、聞きたい!そして聞くための裏テクニックはある!値が高いと感じる方、スペイン語が苦手の方、恥しがり屋の方、この生業が切ないと感じる方必見です。 まず、この広場に行ったら大金持ちそうな外国人団体を見つけ、そのテーブルの10m離れたところに陣取る。幾らもしないうちにその大金持ち外国人団体はマリアッチ楽団を自分らのテーブルに呼び何曲となく歌わせる。それをお隣でコッソリ頂いちゃいます。
名付けて「スペイン語ワカラナ~イので便乗タダ聞き作戦!」
PS 注意事項として、コッソリ聞かないといけません。楽しそうに聞いていると間違いなくその後楽団のマネージャーがしつこく営業攻勢をかけてきます。また間違っても踊りだしてもいけません。
良いカモとみなされ大変なことになりかねません・・・・
[PR]
by tequilacho | 2008-03-28 16:01 | メキシコ
今回は食王国メキシコ 犯罪やら芸術やらなんなの?と混乱気味の声が聞こえてきそうですが、  そうなんです!何でもあるんです。そして、全ての分野がそれぞれの輝きを持っているのがメキシコなんです。メキシコ料理といえば何が浮かびますか?タコスですか?ケサディージャですか?グァカモレですか?ブリトーですか?サボテンですか?そんな中でも今回はメヌードとポソレという料理をご紹介

メヌード (臓物のスープ) 二日酔いに良いと云われている朝食メニューです。
内臓系が苦手な方はダメと思いますが、お好きな方にはたまらないメニューです。
朝食メニューなので、以前メキシコ時代に晩飯にと思い注文したところ「朝早ーく来な!」と怒られ、<クソッーニッポン人をなめるなー>と早ーく行ったら「まだ営業前だよ!」と怒られた私にとって曰く付きの料理です 
c0139777_17202781.jpg

ポソレ (メキシコ版トンコツスープ) トンコツスープの中に大粒のとうもろこしやチキンの湯がき割いたものがタップリと入り、その上をレタスの千切り、ラディシュ、フライトルティーヤを砕いたものと散りばめライムをギュッと絞っていただきます。
c0139777_1721453.jpg

メキシコ万歳!
[PR]
by tequilacho | 2008-03-26 17:22
メキシコはいろんな顔を持っています。 前回は犯罪王国の一面をご紹介したので、今回は芸術王国の一面をご紹介。
グアダラハラの街の世界遺産の一つにオスピシオス カバーニャスという古い孤児院があるのですがそれは旅行本でも見て頂くとして、今回はその世界遺産の目の前にある旅行本には載ってない「ヘンテコ公園」をご紹介
こんなベンチや
c0139777_18152788.jpg

こんなベンチや
c0139777_18165721.jpg

こんなベンチがあります。
c0139777_18251962.jpg

夜になったら動きそうで怖いです……。
[PR]
by tequilacho | 2008-03-25 18:07 | メキシコ
「メキシコは治安悪いんですよね?」という質問をよく受ける
う~ん悪いといえば悪いし、思ってるより悪くないといえば悪くない
ただ、「日本よりはるかに悪い」 かといって、旅行が出来ないわけではないのであしからず。
基本的な海外でのマナーを守れば、犯罪被害に遭う確率は低くなる。基本的とは何か?夜道を歩かない、危険だと言われている地域に行かない、財布をケツのポケットに入れない、リュックは前にかるう、バックはたすきかけ、強盗にあったら無理しない、強盗にあった時用にダミーの財布を別に持つ、 etc しかし、遭うときは遭うので仕方ない、運が悪かったと思うしかない。
以下にメキシコでの運の悪かった人の事例報告が出ていますので興味のある方はどうぞ参考がてらお読み下さい。
ps 読み終わったあと、「やっぱりな!」と思い、メキシコへ行く気も失せるかもしれませんのでご注意を。

在メキシコ日本国大使館領事部
邦人被害の犯罪発生状況
(2007年10月1日~12月31日)

番号 被害日時 被害場所 被害者 被害状況 備考

10/6
(土)
12:00
オアハカ市 バスターミナル 旅行者
男性 二人旅。ターミナル待合所にて、カバンを置き、バス待ちしていたところ、
メキシコ人女性に話しかけられた間に、貴重品が入ったカバンが盗まれていた。

10/10 モンテレイ市 在留邦人 駐車場に車を止め、3人で昼食を取っている 間に、
車のトランクを開けられ、パスポート窃盗

10/11 モンテレイ市 在留邦人 昼食の間に、止めておいた車の窓ガラスを割られ、パスポート、デジカメ等在中のカバンを盗まれた。

10/17 (水) 19:00 アグアスカリエンテス市
自宅
在留邦人
男性
帰宅すると、玄関の2個ある鍵のうち、1個が壊されているのに気づき、
確かめると、ノートパソコン、ネックレス等が盗まれていた。
10/24 ティファナ市 在留邦人 車を自宅前に置いていたところ、夜間の間に盗まれた。
車内には、パスポート等在中。 窃盗

10/27 (土) 9:00 メキシコ市 クアウテモック区 ホテル
在留邦人
男性
独立記念塔近くのホテル宿泊中、室内の調子の悪いセーフティボックスに現金約20万円
相当を入れておいたところ、外出中に盗まれた。

10/27 (土) 20:00 メキシコ市 ポランコ 西地区
在留邦人
男性
車で帰宅した際、駐車場ドアが自動で閉まる間に賊が侵入。
ピストルを突きつけられ、かつ頭部を殴打され、腕時計、ネックレス等を強奪された。

10/31 アグアスカリエン在留邦人 帰宅した際、自宅2階の窓ガラスが割られて
いるのに気づき、調べてみると、室内からノ窃盗 20:00 自宅 ートパソコン等が盗まれてた。

11/2 (金) 早朝 ティファナ市 ウルビキンタ地域
在留邦人
男性
入り口に警備室、警備員を配した集合住宅内の自宅前に車を停めていたところ、
早朝、盗まれた。警備員は後難を恐れたのか、警備室前を素通りだった模様。

11/2 (金) 15:00 パツクアロ市
路上
在留邦人
女性
市中心部で、死者の日の人混みの中を歩いていたところ、
肩から斜め後方にかけていたカバンのチャックを開けられ、財布、ポーチ等が盗まれていた。

11/2 グアダラハラ市 留学生 市北西部の住宅街。外出の間に、玄関の鍵を
自宅 男性 工具様のもので破壊され、居宅内のパソコン窃盗 デジカメ等を盗まれたもの。

11/6 (水) 17:00 メキシコ市 デル・バジェ地区
在留邦人
男性
アパートに家人が帰宅したところ、玄関の鍵が壊されていて、室内のパソコン、
ビデオカメラ、貴金属等が盗まれていた。半年程前にポルテロが解雇され、
以後不在であった。

11/7 (木) 10:00 グアダラハラ市 オブレラ地区
路上
留学生
女性
通学途中、一人で歩いていたところ、路上にバイクを止め立っていた
2人組の男のうちの一方に、無理やりカバンの中を開けられ、在中のデジカメを奪われた。
犯人らはバイクで逃走。
14
11/8 (木) カンクン市 イスラ・ムヘーレス
旅行者
男性
宿泊中のホテル内にて、室内に置いていた現金・カメラ等が盗まれた。
犯人は、ホテル従業員と思われ、犯行後、逃走し所在不明。

11/8 メキシコ市 在留邦人 地下鉄を1号線から3号線に乗り継いだと地下鉄を出てから、
財布を盗まれている窃盗 18:00 のに気づいた。

11/9 (金)21:00 メキシコ市 空港
在留邦人
男性
国際空港。航空会社カウンター前で並んでいた際に、見知らぬ男性に話しかけられた
隙に床に置いていたカバンをすり変えられ盗まれ た。

11/10 (土) 16:00 メキシコ市 地下鉄車両内
旅行者
男性 2号線をHidalgo駅に着いた際に、ドア付近に立っていたところ、
降車の人混みに押されるような形になり、その際に、ズボン後ポケットに入れていた
財布を盗まれた。

11/11(日) 16:00 グアダラハラ市 オブレラ地区
路上
留学生
女性
買い物を終え一人で歩いていたところ、路上にバイクを止め立っていた2人組の男のうち
一方に、肩からかけていたカバンを奪われた。犯人らはバイクで逃走。

11/17 (土) 23:00 メキシコ市 コンデサ地区
在留邦人
女性
レストランで食事を終え、友人とともに、路上駐車していた車まで移動中、
人気のなくなったあたりで、3人組のメキシコ人にナイフで脅され、財布、
パスポート等在中のカバンを奪われた。

11/20 メキシコ市 在留邦人 地下鉄 Valle Gomez 駅からの帰宅途中、
公園付近で拳銃を持った2人組少年が近づき、強盗 財布と携帯電話を奪われた。

11/21 (水) 17:30 ファレス市 ホテル内
旅行者
男性
ホテルを紹介してもらった初対面のメキシコ人が「トイレを貸してくれ」というので、
部屋に入れたところ、「ホテルの紹介代を払え」等申し向け、ナイフを取り出し、バッグ
を奪おうとした。大声を出すと犯人は逃走。

11/21 (水) 18:30 ファレス市 路上
旅行者
男性
上記被害を路上の男女2人組警察官に届けようとしたところ、逆に職務質問を受け、
さらに2人の警察官が加わり、壁に押しつけられる等の暴行を受け、現金1200ドル相当を
奪われた。

11/25 (日) 10:30 メキシコ市 地下鉄イダルゴ 駅近くの公園
旅行者
男性
路上生活者に話しかけていると、3人組の警察官から「東洋人が路上生活者に
麻薬を売っているという通報があった」と申し向けられ警察署へ出頭するか、
さもなくば1500ペソ払うよう要求される。警察官をホテルまで同行させ、
そこでオーナーから「日本大使館に相談してから、必要であれば出頭する」と
説明させると、警察官は「3時間後に来る」と言い残し退散(その後現れず)。

12/2 (火) 16:00 モレーロス州 クエルナバカ市
在留邦人
男性
カフェでコーヒーを頼んでいる5~10分の間に、車の窓ガラスを割られ、
車中の置いてあった現金、パスポート、FM3、パソコン等在中のカバンを盗まれた。

12/8 (月) メキシコ市 クワウテモック区
旅行者
男性
ホテルに宿泊中、部屋の引出しに入れていた3000ドル相当のペソ、
部屋に置いていたサングラスのレンズ(GUCCI)、モンブランの万年筆などを盗まれたもの。

12月上旬 メキシコ市 在留邦人
男性
自宅にて保管中の5000ドル相当の現金を盗まれたもの。
メイドの犯行の可能性あり。窃盗

12/20 (土) グアダラハラ市 旅行者
男性
タクシーに乗車したところ、人気のない通りで停車され、車から降りろと指示され、
トランクに預けたスーツケースを奪われた。

12/20 (土) 22:00 チワワ州 ファレス市
在留邦人
男性
レストランで食事中、駐車中の車の中に置いてあった、パスポート、FM3、カメラ、
携帯電話等在中のカバンを盗まれた。
[PR]
by tequilacho | 2008-03-21 18:20 | メキシコ
c0139777_1805385.gif

ホテルプラサロスレイエスという所が今晩の宿泊先である。ネットを通じて見付けたホテルであるが、なかなか良さそうである。4星ホテル、創業来20年以上の歴史、屋上にはプール、24時間営業のレストラン&バー、大人数収容の会議室が3つ、ベット数190、常駐ドクターあり、英語可 中心地に立地 マリアッチ広場の向かい(毎晩ホテルの窓から見下せばマリアッチ楽団が素敵な音楽を奏でている)etc
最高のチョイスのはず…であった。

到着後 
「そや、そや、なんであのホテルにしたん?他にあるやんもっとましなホテル」と上沼恵美子さんこと川名ネーさんはあきらかに否のニュアンスを含ませながら聞いてきた。
「安かったし…」と応えながらも何で責められないとイケないんだ!と反撃を試みた。
「そんなこといっても4星ホテルだぞ!いいホテルじゃなの?」と応えるも
「アホやな、メキシコのホテルなんて勝手に星付けられんねん。4つゆうたら4つ、5つゆうたら5つ、そんなもんや。ミシュランとちゃうねんで」とホントかウソか解らない様な事まで云われてしまった。
「ついでにもう一個教えといたるわ、あのホテル3階までしか耐えられん構造建築らしいで。ホンマカどうか知らんけど、4階から上は適当に積み上げたらしいで、メキシコ人もそうゆうとった。まー気い付けや」

大丈夫だろうかこの旅、一応このホテル3泊もするんだけど…
[PR]
by tequilacho | 2008-03-16 17:59 | メキシコ
c0139777_21155936.jpg

ホテルまで行く途中、「お腹すいとったらタコアラベ行こか」と上沼恵美子こと(仮名)川名さんは私達を一発目のメキシカンに誘ってくれた。 
「えっ?何?タコ…???」何だか聞いたことも無いスペイン語を言うので返答に困ったが
「タコアラベゆうて、メッチャ美味いやつあんねんけど、行くぅ~?」と大木こだまひびき風に上沼恵美子さんは言うので
<そんなこと言われたら行きたいに決まってるだろ>と思いながら。
「是非に」と願い出て連れて行ってもらったところが上のタコス屋さんである。
そこで、上沼恵美子の旦那さん(仮名)ゆうすけさん他息子達も参加の上タコアラベ屋に大集合となったはよいが、タコス屋なのにアラブの商人の顔があるぞ!! なんだこれは???
タコアラベとは訳せば「アラブのタコス」の意味である。なるほど!
↓の写真がまさに「タコアラベ」
ブリトーの変形バージョンといえばいいでしょうか、なんかそんな感じです。
そして、(仮名)ゆうすけさんの説明によれば、ここのタコアラベのオーナーセニョールは前職が歯科医!なのに今はタコス屋のオーナー、????とのこと。オーナーセニョールに云わせれば歯医者よりタコス屋の方が儲かるんだよワッハッハッハッとのこと。 
そんなものなのだろうか…歯医者の方が儲かりそうな気がするが…。 
c0139777_21174712.jpg

↓はタコアラベ屋のトッピングコーナー ハラペーニョありハバネロあり、メキシコファンにはたまりません。
c0139777_21194666.jpg

とにもかくにもメキシコ最新情報を仕入れることができたので良いスタートが切れたぞ。ヨシヨシ
[PR]
by tequilacho | 2008-03-12 21:20
さて問題です。 犯罪大国メキシコへ行くなら適切な服装はABCどれが正しいでしょう?
A
c0139777_175688.jpg

B
c0139777_1752965.jpg


どちらでもない

答え C  
解説 
Aを選んだあなた 貴方は間違いなく↓の詐欺グループによる犯罪に巻き込まれます。
「一緒に撮りませんか?」と誘う詐欺グループ
c0139777_1712117.jpg

Bを選んだあなた 貴方は間違いなく入国段階で「当国で労働する意欲がある」に該当すると判断され、入国拒否の可能性がある

「久しぶりやな。ところであんた、そんな格好してたらヤラれんで。」
そう僕に忠告してくれたのは今回グアダラハラの空港までわざわざ迎えに来てくれた(仮名)川名美由紀さん(メキシコ在住者 8年前メキシコ移住を試みた私を当時現地でバックアップしてくれた私にとってのメキシコの姉ーさんである。割りと美人ではあるが中身は上沼恵美子似のコテコテの大阪のおばちゃんである)
c0139777_18271084.jpg

「えっ?」そうだろうか、割と適切な格好をして来たつもりではあったが、現地在住の方からすれば一目でターゲットになる要素を持っていたらしい。メキシコを去って数年のブランクが、すっかりと小奇麗なジャパニーズへと変貌させていたのだろう。
ホテルまで送ってくれる間、「最近のメキシコはコロンビアより悪い」とか「ここ最近日本人をターゲットにした米白人による強盗が頻発している」とか裏メキシコを教えてくれるもんで、この旅の同行者他2名は青ざめた様子で、
c0139777_1814286.jpg

「そんなこと聞いてないわよ。騙したわね」という目で私を睨みつけていた。

2月20日私達が日本を出発した日、メキシコシティーで爆弾テロがあった事などその時は全く知る由も無かったのであった。
[PR]
by tequilacho | 2008-03-09 18:02 | メキシコ
 「プシュッー」という音とともに自動扉が開くと、そこはもう本物のメキシコが拡がっている。
ロスアンゼルスからの帰国便ということもあり、アメリカへ出稼ぎへ出ていた父の帰りを迎る家族、外国からの旅行者をターゲットにした犯罪者、ツーリストを目的にした観光案内の者、たくさんの見たことも無い人が、空港の到着ゲートとくぐった瞬間に眼の前に立って僕を凝視しいる。これも、僕にとって「信号機を押す」についでイヤなことの一つである。 そして、今回空港で迎えてくれた人たちをご紹介。

大黒柱を待つ家族
c0139777_1556684.jpg

父を待つ子供
c0139777_15562614.jpg

息子を待つバア
c0139777_15563834.jpg

彼を待つメキシコ娘
c0139777_155656100.jpg

商売熱心な流しのオヤジ
c0139777_15571439.jpg

愛国信者の活動家
c0139777_1901394.jpg

メキシコ雑貨の売人
c0139777_15575176.jpg

宗教勧誘のグループ
c0139777_1645773.jpg

「レスラーにならないか?」という勧誘の人
c0139777_15581080.jpg

「一緒に撮りませんか?」と誘う詐欺グループ
c0139777_15582958.jpg

温水洋一
c0139777_15585273.jpg

スライム
c0139777_1559589.jpg


今回も到着からワクワクさせられる人々がメキシコの空港にあふれていました。 
[PR]
by tequilacho | 2008-03-07 16:05
4年振りのメキシコへ到着。 最初の訪問地はグアダラハラというメキシコ第2の都市。日本で言えば大阪みたいなものでしょうか、日系の企業もいくつか進出していてホンダ、パナソニック、日通、花王などなどあり、現地在住の日本人も数百名いらっしゃる。
 メキシコへ入国する際にまず始めにしなければいけない事は「信号機のボタンを押す」という作業をしなければならない。 行かれたことが無い方は「なんのこっちゃ?」とお思いでしょうが、まさに字のごとく「信号機のボタンを押す」ことから始まるのです。信号機のボタンといえども押してから暫く「青」になるまで待つ必要も無く、ボタンを押せば即座に「青」もしくは「赤」が点灯する。
そして、「青」が点灯すればそのまま入国許可。 運悪く「赤」が点灯してしまえば、それからしょうもない荷物検査が長々と始まる。検査官も遠くから来たお金持ちの国ニッポンの奴らの荷物から何か珍しい物はないか、もしあれば何か言いがかりつけて没収してやろう、ついでにそのipod も没収してやろう位の勢いで物色?検査?をされる。 一番「あ~面倒くさ~」と感じるのはこのボタンを押す瞬間である。 イヤでも押さないと入国できないので、今回もエイッ!と押すわけだがそれでもイヤである。 今回の結果は無事「青」の点灯。 あ~よかった。
c0139777_1505265.jpg

ちなみに「赤」の人はこんなのが出ます。
c0139777_1531619.jpg

[PR]
by tequilacho | 2008-03-05 14:53 | メキシコ