<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ついに第3回目の路地タコツアーが明日出発です。 さて、さて今回はどのような珍事好事悪事が起きるのか、いまからワクワクしてます。 前回は最終日皆ホルモンタコスにやられ、国内移動もチケットの関係で別時間に空港ロビーに集合するなどメキシコの洗礼を浴び、第1回メンバー等はスペイン語も喋れないのに美容室に行ってカラー入れる人いるかと思えば、全てのメトロの駅を降りて観光する人いれば、 もう面白い人ばかりで、旅行中腹抱えて笑いっぱなしでした。

可能な限り現地からブログ更新していこうと思いますのでチェックお願いします。 どんどん更新しますよー。

第2回メンバー
c0139777_16545139.jpg

第1回メンバー
c0139777_1656497.jpg

[PR]
by tequilacho | 2008-02-19 16:59

長旅の読書

c0139777_17505746.jpg

長旅の汽車の中、船の中、車の中、飛行機の中 それが、7時間も8時間にもなる様な旅、まして、メキシコとなると乗り換え含め10時間を越えるような長旅にいったい何をすればよいものだろうか??
車窓から眺める景色も始めは良いのだが、アメリカからメキシコへバスへ南下すると32時間首都まで、何も無い景色が続く。行ったことはないが、シベリア鉄道なんてものも3日間カムチャッカからモスクワまで続く・・・流石に飽きますわね。今回も機内で読み捨てられる雑誌をせっせと掻き集めてはいるが、それもどこまでもつか解らないし、もしかしたら、成田でもう読み上げてるかもしれないし…。 そんな、心配をしていると、知人の本屋さんにお勤めのKさんから、お勧め本を紹介していただきました。伊坂幸太郎さん「チルドレン」だそうです。 彼曰く私にピッタリの本だそうです。 それでは、一冊バックに忍ばせてみるとしましょうか。
[PR]
by tequilacho | 2008-02-18 17:51
お知らせです。
c0139777_1636023.jpg

というわけで、里帰りしてきます。 出発3日前にして、やっと盛り上がってきました。
しかし、何一つ荷造りはしてません。 あるのは、先のゴリちゃんのラジコンと息子のスパイダーマンだけです。 しかし、そんなの関係ねー! ハーイ サルー オレーメヒコメヒコ ラーラーラ
イェ~~~~~イ!! 飲むぞ、食うぞ、踊るぞ、 えっと、えっと、えっと、とにかくスッゴイ濃縮バージョンで行くぜ!!!   やばっ、盛り上がりすぎると今晩から店で飲みすぎちゃうので。
出来る限り、盛り上がりをグッとこらえて・・・  無理かも…
[PR]
by tequilacho | 2008-02-17 16:36 | 日記
c0139777_14355939.jpg

メキシコにいる頃から大変お世話になっている友達がいます。 セニョールゴリちゃん。
本名はロベルトカルロス(ブラジルのサッカー選手ではありませんが) なんで、ゴリかと言うとゴリラに似ているからだとメキシコ時代そう説明されました。当時「ホントやな~めっちゃお前ゴリラそっくりやわ~ ケラケラ」と出来るほど仲良くなかったので、「あ~そんなんだ・・・」と軽く受け流していましたが、今となっては一番大好きなメキシコ人です。 そんな彼が今、大阪に出稼ぎに来ています。奥さんが大阪の方です。子供達はう~んどっちかと言うと日本人顔を引き継いだようです。 私的な見解ですが、写真を見てもらってもわかると思うでしょうが、結構男前です、ちょっと太ったガルシアベルナルみたいな感じです。奥さんがけっして不細工とはいいませんが、もし、選べるなら彼の外見的遺伝子を引き継いだほうが良かったのにな~~~と常々感じていますが、そこは致し方ありません・・・(無念)

そんな、彼に今回メキシコへ仕入れに行く際(あっ、まだ公式発表してませんでしたけど、今月メキシコ行ってきます。) 何か、持って行ける物があれば、持って行って上げるよとオファーをかけたところ、いろんな物がほぼスーツケース大で送られてきました。 怒る気もなくすほどです。スーツケース大ですよ。 笑えました。 無理やっちゅうのに!! そこで、優先順位をつけてもらい、「一番大事なものを運んであげるよ。」と提案したところ、↓のラジコンが1番でした。 「それだけわ~~~お願い~~~。」と懇願してました。 そして、息子のエミリオ「スパイダーマンだけはお願い~~~」と懇願しきました。 人の大切な物ってやっぱり良く解りません。
今度あったら、この3人絶対俺のスペシウム光線でやっつけてやります。 絶対!
c0139777_1455645.jpg

[PR]
by tequilacho | 2008-02-12 14:55 | 日記

セレナータ (小夜曲)


メキシコの愛の告白の形にセレナータというものがあります。
夜、想いを寄せる女性の窓辺で、ありったけの愛をこめたセレナータを歌いあげる、ラテン・アメリカのロマンチックな伝統的愛の表現。マリアッチ楽団を引き連れて彼女の家に行き、玄関先で愛の歌を歌い上げる、そして女性の部屋の明かりがつけば、男性の愛を受け入れる、もし灯りがつかなければ、「あきらめて」というサインになる。  う~んロマンティクが止らない! 
そんな、時代劇のようなことを現代メキシコ人がやってるものか?TVドラマの中だけの世界だろうと思っていましたが。実例報告が来ました!
c0139777_19233528.jpg

現在カナダに留学中のKちゃんのルームメイトのメキシカンセニョリータが実家(メキシコ)に帰省の際、彼からセレナータのプロポーズを受けたそうです。 今、いったんカナダに戻り勉強を続けているようですが、指には大きなダイヤをキラキラせているそうです。 すばらしい!
今度、うちのにはさだまさしの関白宣言でも歌ってあげましょう。多分、玄関カギ閉められますけど。
[PR]
by tequilacho | 2008-02-05 19:24

クスリかアンパンか

自営業者というものは誰も自分の健康のことは心配しくれません。
 毎年の健康診断も自主判断で行けば良いし、行かなくても良いし、良かったからといって誰が褒めてくれるわけでもなく、悪かったからといって上司が「休みなさい」と言ってくれるわけでもなく、休むのか休まないのか、はたまた入院するのか通院するのか、はたまた究極は延命治療するのか、ホスピスに行くか、我の舞台の上で死ぬのか、自分で決められます。 
 ただ、何もギリギリまで自己管理をないがしろにする必要もないので、私もそろそろ主治医なるものを持とうと思い、うちのお客様でもあるY先生にこれからお世話になろうと決めました。
決め手はY先生は「酒も飲めないような人は診たくない。」とか、検査結果を見て落ち込んでる患者さんに「なーに心配なさんな!私の数値のほうがもっと悪い!」となかなかドクターらしからぬとこが気に入りまして。
 今日はその先生のところへ血液検査へ出かけた時のことですが、私の前の診察をされていた
おじいちゃん(そーですね年の頃は70位か)の声が診察室から漏れてきました。

Y    
「おじいちゃん今日は血圧上が156あるねー、少し甘い物控えてもらって運動して…」

爺   
「先生わかっとる。わかっとるが、ついついバアさんが置いとるアンパンが止めれんのじゃ、わしゃアンパン食えんくらいなら死んだほうがましじゃ!」といった後ワッ八八ッと笑っていました。

この域に達するにはまだまだ人生勉強がたりぬようです。頑張ります。
[PR]
by tequilacho | 2008-02-04 16:41 | 日記

タコス屋の日常非日常


by tequilacho