2009年 02月 20日 ( 1 )

お役所仕事

出勤前の夕方の一番ニュースを見てくるのが日課だ。全国ニュース、それから地方ニュース。
地方版の一発目「本日大分県庁で新型インフルエンザ対策総合訓練が行われました・・・」と
はっ? 耳を疑った。
淡々とアナウンサーは原稿を読み続ける「訓練は新型インフルエンザが発生した場合に迅速で正確な情報収集や感染拡大防止をと県が実施し、知事をはじめ200人が参加しました。 訓練ではアジア地域で新型インフルエンザが発生、県内でも感染患者を確認したという想定で行われました。」
言葉は悪いが「遅せーーーーーーんだよ!(怒)」もう2月も終わり。
県内小学校でインフルエンザの休校が数校でたのが先月。
このインフルエンザが拡大した場合日本全国での最大死者予想、数十万人。そんな話は昨年の早い段階から何度もしていたはずです。この県の仕事振り、全く目に浮かびます「誰それを参加させて、いやあの機関も参加してもらいましょう、いやいやそういうことなら、あの機関のだれそれ部長も呼ばないといけませんな・・・」
「知事、全員の参加承諾取れました。それで日時なんですが、全員の予定が合うのが2月の終わりなんですが・・・」なんてのを去年からやってるわけでしょ。 
またまた言葉は悪いが「死んでるよ。数万人が…」

貴方達は優秀な頭脳をお持ちなんですから、地方はもちろん国の機関も迅速な行政頼みますわ。
あきれる・・・民間人を入れなきゃダメだわこりゃ。 カルロス・ゴーンでも呼べ!
[PR]
by tequilacho | 2009-02-20 16:31