2008年 11月 16日 ( 1 )

1987年 時は今から21年前の11月のある日、中津留正三という高校2年生の
サッカー選手が「全国高校サッカー選手権大分県大会決勝戦」でゴールを決めた。 
そして、大分上野丘高校にとって初出場となる「全国高校サッカー選手権大会」という
大舞台へ導いた。

21年後の11月、中津留正三という男は再び「全国高校サッカー選手権大分県大会決勝戦」
の舞台へ今度は監督という立場で立った。彼の率いるチームは当時彼が決めたゴールを再現
するかのような、サイドから逆サイドのゴールネットを揺らすゴールで優勝した。

彼が高校生に云い続けた言葉がTVで紹介された。「優勝と準優勝は天と地ほど違う」と
昔勝った男がまた勝った。 

大分県代表 情報科学高校サッカー部県代表として頑張ってください。
おめでとうございます。
[PR]
by tequilacho | 2008-11-16 16:50 | 日記

タコス屋の日常非日常


by tequilacho