働かざるもの食うべからず

ネットカフェ難民に生活費、職業訓練条件に月15万円融資へ

読売新聞より抜粋
厚生労働省は23日、「ネットカフェ難民」の就労を支援するため、公共職業訓練の受講を条件に、訓練中の住居・生活費として月15万円を融資する制度を2009年度に創設する方針を固めた。
年収150万円以下の受講者は返済が免除されるため、実質的には給付となる。09年度予算の概算要求に関連予算1億円を盛り込む。
ネットカフェ難民は住居がなく、定職にも就けずにいることで、低収入で不安定な生活を余儀なくされ、これが、就労を一層難しくするという悪循環に陥りやすい。厚労省の昨年の調査では、全国に約5400人いると推計されている。

そして思うこと
5400人中、何パーセントが本当の意味で日本独特の負のスパイラルに巻き込まれ、底辺層から抜け出せぬにいるだろうか?そして5400人中、何パーセントが「あの仕事は嫌だ、この仕事はキツイ、俺にはこの仕事は合わない…」と云いながら、ネットカフェで漫画をよみあさり、パソコンでアダルトサイトをネットサーフィンしているのだろうか? 
幸い私には仕事があり、毎日、白い飯と何かしらの惣菜まで食べさせて頂いている。しかし、
自分なりに良いことも嫌なことも一生懸命に飯を食う為に体と頭を使っているつもりである。
上述したが、本当に日本独特の負のスパイラルに巻き込まれてしまった若者を救うために
税金を使うのは致し方ない。 しかし、「あ~だ、こ~だ、それじゃないんだよね・・・」とツベコベ
云う奴に月額15万円給付する必要は全く無いと思う。  

ドバイに飛ばせ! 仕事はいくらでもある。
[PR]
by tequilacho | 2008-08-24 17:15 | 日記

タコス屋の日常非日常


by tequilacho