賭博

c0139777_1945284.jpg

高校野球開幕しましたねー 毎年のことですが高校球児達が白球を追い勝った者は笑い、そして負けた者は涙を流しならがら甲子園の土を思い出にと袋に詰め・・・と感動します。今年はハンカチ王子ならぬどんなヒーローがでてくるんでしょうか?
そんな中、悪い大人達は「やれ東京代表が勝つとか、いやいや大阪代表が来るとか、いやいや番狂わせで今年もどこかの県立高校がくる」やらで野口英世さんの紙幣をまさか集め回ったりしてないでしょうねー捕まりますよ。
以下そんなことの法律
日本では、競馬や競輪など法律で許されている場合を除き賭博を原則として禁止しています。
だから、マージャンでお金を賭けるのも本当はイケません。そうです。賭博をすると刑法で罰せられます。しかし、刑法は例外規定を設けています。
第185条 (賭博)
賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
「一時の娯楽に供する物」を賭けたときは例外的に罪にならない。しかし「一時の娯楽に供する物」って何?
判例では「一時の娯楽に供する物」を「関係者が即時娯楽のため消費するようなもの」と定義しています。つまり、その場で消費してしまうものいいます。
その場で消費してしまうものということは、食べ物なんかが「一時の娯楽に供する物」にあたるのでしょうか?
そうです。判例では「天丼」を賭けた場合や「タバコ」を賭けた場合、いずれも「一時の娯楽に供する物」にあたり賭博罪は成立しないとしています。
だから、お金を賭けた場合は金額にかかわらず「一時の娯楽に供する物」にあたらず、賭博罪は成立します。しかし、飲食代を支払う目的でお金を賭けた場合、例外的に賭博罪は成立しないと解釈されています。
飲食代を支払う目的ならお金を賭けてもいいということです。それではお昼の食事代を賭けて高校野球賭博で勝負だ! などと言ってはイケマセンよ!でも法の抜け道ですよねこれ?
[PR]
by tequilacho | 2008-08-03 19:21 | 日記

タコス屋の日常非日常


by tequilacho