明日は月曜日 サボり作戦メキシコ編

月曜日って憂鬱ですよね。
「休みがもう終わり…」てな感じで、仕事に学校にと明日はいろいろ言い訳を立てても行かねばなりません。 昔、どんな言い訳を立てて学校をサボることを企てて見たことがありますか?
メキシコの少年がこんな方法で学校をサボるチャレンジをしてました。↓
メキシコ北部モンテレイ(Monterrey)で、10歳の少年が自分を強力接着剤でベッドに「のり付け」して離れなくなり、救急隊が出動するという事件があった。ディエゴ君は記者に対し、休暇があんまり楽しかったから、学校に行きたくなくなった。ママが強力な接着剤を買っていたのを思い出して、ベッドに自分を貼り付ければ、自分を学校に行かせることができなくなると思ったんだ」と理由を語った。ディエゴ君が使用したのは、靴製造に使用する業務用接着剤。この超強力接着剤でディエゴくんは自分の手をベッドの頭板の金属部に貼り付けた。これに気づいた母親のサンドラさんが、息子の手をベッドから引きはがそうと試みたが失敗。救急隊と警察官に助けを要請した。救急隊員らが化学接着剤用の溶解スプレーを用いて「必死の救助作業」を行った結果、2時間後、ディエゴくんは無事にベッドから引きはがされた。救助作業の間、ディエゴくんはマンガを読んでいたという。この騒動の後、結局ディエゴくんは数時間、遅刻して学校に行かされた。

ナイスです!ディエゴ君お友達になれそうです。
今度のメキシコツアーもしかしたら会いに行くかも?
[PR]
by tequilacho | 2008-07-13 23:01 | 日記

タコス屋の日常非日常


by tequilacho