落書き そして爺ちゃんのゲンコツ

c0139777_0214166.jpg

岐阜短大生から、名高校野球監督、京産大生…まあ次から次へと探し出してくるものです。
日本のメディアは「こいつもか、あいつもか、そしてシーサーよおまえもか…」である。
飽き足りないのか外国人までサンプルを探し出してきて「あーじゃ、こーじゃ」云ってます。
以下
NZの氷河に落書きした独観光客に大ブーイング
ドイツ・ミュンヘンの男(28)がニュージーランド南島を旅行中に岩や氷河にスプレーで落書きしたとして警察に逮捕され、落書きを消すよう命じられた。警察当局者によると、男は1日半かけて落書きを削り落とす間、ほかの観光客の非難を浴びていたという。
ほとんど、合法的集団イジメにしか見えないのは私だけですかね。
アホですか日本のメディアは?(落書きを肯定しているわけではありませんよ)
そして、終いにはイタリアからこんなコメント
以下
「教員、大聖堂に落書きで解任の危機」 大聖堂に落書きをした日本人が、日本国内で停学や務めていた野球部監督の解任など厳しい処分を受けていることに対し、イタリアでは「わが国ではあり得ない厳罰」との驚きが広がっている。
イタリアの新聞各紙は一斉に報道。メッサジェロ紙は「集団責任を重んじる日本社会の『げんこつ』はあまりに硬く、若い学生も容赦しなかった」と報じる。同紙は「日本のメディアによる騒ぎは過剰だ」と、日本人の措置の厳しさに疑問を投げ掛けた。コリエレ・デラ・セラ紙も「行為はひどいが、解任や停学はやり過ぎ」と論評した。

日本のメディアはサンプル採集能力に関しては世界一ですね。それだけみたいですけど。
ゲンコツの仕方知らないみたいです・・・
[PR]
by tequilacho | 2008-07-02 00:10 | 日記