血液型の本ブーム

c0139777_16175595.jpg

本買いました。 つい最近本屋さんで平積みにされているシリーズ物です。
「A型自分の説明書」と「B型自分の説明書」です。
カウンターにこの手の本を置いていると、たいがいの人が興味を示してくれます。
そして、日本人特有の「あーやっぱり…」「ほら、ここ言い当てられてる…」等々それぞれの他人
に対する分析が始まるのです。聞いている分には大変面白いのですが、いざその分析の矛先が自分に向けられた時は、さぁー大変です。「マスター何型?」「ギャハハハハーやっぱりね、ほら見て、ここその通りに書かれているよーギャハハハハー・・・」との具合です。 
内心ムッとする項目もあれば、いやいやそんなに褒めて頂かなくても、恐縮です。となる項目もあり大変楽しませてもらってます。

そうしている内に3日前AB型の本が発売されたので、父の日のプレゼントということでAB型の義父にその本をあげました。義母に「何か爆笑できるような、言い当てられてるとこ無い?」と訊ねたところ、「う~~んもう40年も連れ添ってるんだけどAB型っていまだによくわからないのよね~・・・
強いて云うならこの(AB型はカレーが大好き!)の所は間違いないわね。」とのことでした。 やっぱりAB型って両面持ちの変わり者が多いのでしょうか?(笑)そういえば私の亡くなった父も変人AB型だったわ。(笑)

しかし、それにしても日本人って血液型の話が好きですね。
[PR]
by tequilacho | 2008-06-17 16:30 | 日記