砂漠にパソコン 日本にタコス

c0139777_1883298.jpg

何処かのコンピューター会社のCMに「あなたなら砂漠にPCを売りに行きますか?それとも大都市にPCを売りに行きますか?」という問いがあったのを記憶している。(多分IBMだったような...) お手本となる返答は「まだ誰一人としてPCなど持っていない砂漠での販売の方が無限の可能性を秘めているので前者を販売強化先として選ぶべし!」だったと思う。
 
先日、女性(20代後半か?)の団体客6名が来られた。人間が6人も集まると各々の食に関する
経験や知識、興味にはまさに無限の可能性が存在することが証明されたのであった。
A子 「ここのタコス美味しいのよー」
B子 「タコスって何?動物?」
C子 「アホやなーメキシコの食べ物よ」
D子 「グァカモレも最高なのよー」
B子 「グァカモレって何?動物?」
E子 「B子黙りなさい! そうそうケサディージャも頼もうよ」
B子 「ケサディージャって何? 動物?」
全員(B子除)「.......」

まだまだ、この業界開拓の余地がありまくりです。無限の可能性を秘めた砂漠がそこら辺にありふれています。 今日から更なるメキシカンの布教活動ガンバリマース!!
[PR]
by tequilacho | 2008-05-21 18:27 | 日記