飲酒運転

c0139777_2132185.jpg

ここ数年、日本国内はもちろんの事、世界各国で飲酒運転に対する罰則強化と違反者に対する見せしめにも近い報道がある中、この月曜日に山崎拓氏の私設秘書を務める花田氏(28)の追突事故、そして同日 大分県中学校教員の射場氏(38)の追突事故,この九州管内の2件の飲酒運転報道がTVで流れた時、「あ~あ~また予約が減っちゃうよ」であった。事実この週末ある教職の方から20人のご予約を頂いていたが、本日全くの予想通りキャンセルの電話を先程頂いた。 その方には「ゴメンナ~例の事で、教育委員会から全教職員に通達がでたんよ~…」 
その通りでしょう。たった一人の(見付らなければイイだろう)的行動により、日本全国の飲食店の予約キャンセルやどこかのホテルでの決起集会等のキャンセル等等を考えると、もの凄い額の経済的損失が生じたのである。 誰に文句を云うわけでもないし、この花田氏、射場氏を捕まえて文句を云っても仕方が無いことであるが、やるせない気持ちである、怒りよりも前に呆れる。 
いっときますけどあなた方の事件はマスコミの格好の的なのですよ。
どこかの酒場のマスターが飲酒事故起こして扱われる記事の大きさとは違うのです。 
[PR]
by tequilacho | 2008-04-17 17:03 | 日記

タコス屋の日常非日常


by tequilacho