いいはなシーサー

先にご紹介した、私のメキシコ人アミーゴのゴリちゃんの奥さんYちゃんのお話。
容姿は上沼恵美子さんのようであるが、
c0139777_1545836.jpg

中身はエドはるみ位勢いのある女性です。
c0139777_1552910.jpg

そんな彼女が書いてたお話がとってもよかったので皆様にも読んでほしくて。

大阪発メキシコ行き3月28日思い出づくりより
日本人に生まれてよかったなーっと思うことのひとつが季節を楽しむという感覚です。
残念ながらメキシコにはこれほど四季がちゃんと分かれてなくて、場所によって気候が違うので楽しむという感覚は薄いんじゃないかな?グアナフアト(メキシコの古都)は、花こそ咲き乱れませんがうっすらと四季があります。大半は暑いですが。 春にはさくらんぼの木が可愛い花を咲かせます。秋には、木は枯れ果ててます。

そんなメキシコで、私が出会ったイギリス人の男の人の話です。
メキシコの学校に通っているとき、授業が終わり次の授業を待つ間、
生徒は中庭(パティオ)に集まりそれぞれの国の言葉で話しています。
そこに、2羽の小鳥たちが飛んできて楽しそうに鳴き始めました。
するとそのイギリス人の人は、みんなの会話を制止し、小鳥たちの歌声を聴きながら
小さく指を立て、指揮を始めました。それは、まるでクラッシック音楽でも聴いているかのように。
小鳥たちが歌い終わりまたどこかに飛んで行くと、
彼は‘ブラボー!!’といって拍手をしました。
そこにいたみんなが小鳥たちの歌声に拍手をし、ニコニコしている顔。
その顔を見て、彼の感性に感激した私。
小さなことだけど、こんな風に色々な事に目を向けられるって言う心の余裕を、
私も持ちたいなと思いました。
子供ができてから私は、花を見たら立ち止まり、花の香りを嗅いだり、眺めたりしています。
うちの子たちに自然がどれほど素敵で、未知な物か。
そして、それを素敵だと思える感性を身につけてほしいと思いながら。


ねっ、いいはなシーサーでしょ。
[PR]
by tequilacho | 2008-03-29 15:10 | 日記