第11話メキシコ マリアッチ広場

トラケパケという街のマリアッチ広場
c0139777_1602090.jpg

 メキシコの代表的音楽マリアッチはこの街で生まれた。結婚式のために急遽編成された10人ほどの楽団の陽気な音楽が始まりだといわれている。マリアッチ広場ではこの楽しげな音楽が響き。周囲はレストランが取り囲んでいるので、食事を取りながら楽しむ。音楽をリクエストすれば、楽団がテーブルを囲みマリアッチを歌ってくれる。(↑のように)

相場で1曲1000円程度から上は切がない。1000円を10人で割れば一人あたり100円の収入かと考えればあんまり値切るのもどうかと思い、それを思うと切なくなり、いつの日からか曲を頼むのをやめた。 しかし、聞きたい!そして聞くための裏テクニックはある!値が高いと感じる方、スペイン語が苦手の方、恥しがり屋の方、この生業が切ないと感じる方必見です。 まず、この広場に行ったら大金持ちそうな外国人団体を見つけ、そのテーブルの10m離れたところに陣取る。幾らもしないうちにその大金持ち外国人団体はマリアッチ楽団を自分らのテーブルに呼び何曲となく歌わせる。それをお隣でコッソリ頂いちゃいます。
名付けて「スペイン語ワカラナ~イので便乗タダ聞き作戦!」
PS 注意事項として、コッソリ聞かないといけません。楽しそうに聞いていると間違いなくその後楽団のマネージャーがしつこく営業攻勢をかけてきます。また間違っても踊りだしてもいけません。
良いカモとみなされ大変なことになりかねません・・・・
[PR]
by tequilacho | 2008-03-28 16:01 | メキシコ

タコス屋の日常非日常


by tequilacho