第3話メキシコ メキシコの入国は信号機のボタンを押すことから始まる

4年振りのメキシコへ到着。 最初の訪問地はグアダラハラというメキシコ第2の都市。日本で言えば大阪みたいなものでしょうか、日系の企業もいくつか進出していてホンダ、パナソニック、日通、花王などなどあり、現地在住の日本人も数百名いらっしゃる。
 メキシコへ入国する際にまず始めにしなければいけない事は「信号機のボタンを押す」という作業をしなければならない。 行かれたことが無い方は「なんのこっちゃ?」とお思いでしょうが、まさに字のごとく「信号機のボタンを押す」ことから始まるのです。信号機のボタンといえども押してから暫く「青」になるまで待つ必要も無く、ボタンを押せば即座に「青」もしくは「赤」が点灯する。
そして、「青」が点灯すればそのまま入国許可。 運悪く「赤」が点灯してしまえば、それからしょうもない荷物検査が長々と始まる。検査官も遠くから来たお金持ちの国ニッポンの奴らの荷物から何か珍しい物はないか、もしあれば何か言いがかりつけて没収してやろう、ついでにそのipod も没収してやろう位の勢いで物色?検査?をされる。 一番「あ~面倒くさ~」と感じるのはこのボタンを押す瞬間である。 イヤでも押さないと入国できないので、今回もエイッ!と押すわけだがそれでもイヤである。 今回の結果は無事「青」の点灯。 あ~よかった。
c0139777_1505265.jpg

ちなみに「赤」の人はこんなのが出ます。
c0139777_1531619.jpg

[PR]
by tequilacho | 2008-03-05 14:53 | メキシコ