お客を失う方法

去年の12月
こんなことがあった。

よく知る後輩が飲みに来た。
手にはケーキをぶら下げて。

あーケーキ買って来たんだ
皿でも出してやるか…

そう考えていた矢先

バリッバリッと紙袋を破く音。
次の瞬間には美味しそうに頬張って食べていた。

「おい!ここはお前の家か!一言食べて良いですか?
まず最初に聞くのが店に対する礼儀ちゃうんか(怒)」

今年、彼等は一度も店に来ていない。

結果
見事にお客を失ったわけだ。

昨日の晩
こんなことがあった。

若い男の子が4人で飲みに来ていた。

それぞれのグラスが空になるころ、
そのうちの一人が聞いてきた。

「テーブルでトランプして良いですか?」と

全く構やしない
「どうぞどうぞ~」快く受入れた。

一杯やりながらカードゲームでも
するもんだと思っていた。

が、違った。

空のグラスを満たす為に注文をするでもなし、
永遠とトランプを続けるばかり…

嫁が僕の顔色を察したか

「何か作ろうか?」と
オーダーを取りに行った。

残念ながら返事は

「いえ、要りません。」

彼等は純粋にトランプがしたいだけらしい。

デジャブかと思った。

「おい!ここはお前の家か?」
と問いてみた。

お帰りになられた。

きっと、またお客を失ったのだろう。

ただ、言わないといけない状況は存在する。

店主として、これからも言う時は言わせてもらう。

それが、お客を失う結果になることが判っていても…
[PR]
by tequilacho | 2009-12-28 03:12 | 日記

タコス屋の日常非日常


by tequilacho