メキシコ麻薬合法化へ

メキシコ政府は予算や要員を、組織的な薬物犯罪に振り向けたほうがよいとの判断から、
ヘロイン、マリファナ、コカインといった麻薬の少量所持を合法化した。

新法では個人による麻薬所持は、一定の量を上回らなければ刑事罰の対象とならなくなる。
種類別にはマリファナ5グラム未満、コカイン500ミリグラム未満の所持は起訴対象外。

メキシコ大統領は、少量の麻薬を所持する個人の取り締まりに限られたリソースを向けるよりも、
メキシコ全体で数千人の死者を出している麻薬カルテルに向けるほうが、リソースを効果的に
活用できると主張している。

一方、隣国米国のメディアは、国内の薬物使用者がこの新法を悪用しようとメキシコを訪れ、「ドラッグ観光」が促進されるのではないかと懸念を表明している。 (AFP通信 8.23)

メキシコに変なのが集まりださなければ良いが・・ のりピー急にメキシコ好き!とか言い出すか?
他国で言えばオランダなんかも有名なマジックマッシュルームなんてのもあって、
「隠すより規制」をうまく実践している国もあるので模範にしてもらいたい。
[PR]
by tequilacho | 2009-09-02 19:29 | 日記

タコス屋の日常非日常


by tequilacho