盧武鉉

朝一の二日酔いが一発で吹っ飛んだニュース。
c0139777_1772115.jpg

元大統領が同行していた警護官に「たばこはあるか」。
警護官が「持って来ましょうか」と答えると、
元大統領は「取りに行く必要はない」と応え身を投げた。

投身する直前に自宅のPCに「誰も恨むな。運命だ」との遺書を残していたと発表し、
また、「生と死はすべて自然の一部ではないか」と記し、「火葬にしてくれ」とも記されていたという。

生きるも死ぬもはっきりいってその人の自由。「死」を選ぶ程の苦しみはまだ味わってはいない。
人生勉強が足りないといえばそれまで。ただ生きている方が楽しい事がまだ残されている気がする
から僕はまだ「生」を選ぶ。 
[PR]
by tequilacho | 2009-05-23 17:12 | 日記